胸を大きくしたいと悩んでいる女性なら、バストアップについて調べてみて実行してみたという経験があることでしょう。しばらく頑張ってやり続けてみたけれど、胸の大きさがあまり変わらないので、胸が小さいのは遺伝によるものだから仕方ない、とあきらめた人も多いことでしょう。でも、バストが小さいその原因には遺伝ではなく、日々の生活習慣だったということも少なくありません。生活習慣の見直しによって、バストアップできるという可能性も考えられるのです。

違うブラにすればバストアップすることもあるでしょう。胸はとても流動的で、ノーブラばかりだと、お腹側や背中側に移動していってしまいます。なので、背中やお腹からお肉を集めてきてバストに寄せると、胸にチェンジすることもあるのです。それには、身体にフィットしたブラをしていることが肝心です。

ブラジャーのサイズが合っていないと、胸にお肉を集めてもすぐに元に戻ってしまいます。そればかりか、胸が垂れたり小さくなってしまったりして、形が悪くなってしまいます。通販の方がかわいいブラが安く買うことができますが、バストアップを望むならきちんとサイズを測って試着して買うのがいいでしょう。

食べ物でバストのサイズアップに成功したという方もおられるようです。特にバストアップに欠かせない栄養素を食べ物からとり、胸を大きくすることが出来る人もいるでしょう。例えば、タンパク質などはおっぱいを大きくするには不可欠な栄養素です。また、キャベツにたくさん入っているボロンも胸を大きくするためにはいいといわれています。

豊胸サプリを飲めば、豊胸できるのかというと、割と、おっぱいが大きくなったという人が多いです。中には、全然効果がなかったという感想もありますから、体調にもよるでしょう。さらにいえば、夜更かししすぎだったり、毎日の食事が偏っていたりすると、胸囲が増えるサプリを飲んでも効能が実感できないでしょう。

胸を大きくしようと頑張って、カップが小さいと感じてきたら直ちにブラを新しくすることが大切です。また、ブラが使える年数は90回から100回着用する間と案外短期間なので、サイズが変わらなくても一定期間で買い換えるようにしましょう。サイズが合わなかったり型崩れしたブラはバストアップを妨げます。

胸を大きくする手術は皮膚をメスにより切開したり、注射針を用いるので、感染症が起こるかもしれません。確率的には決して高くありませんが、どんなに管理に注意していたとしても、100%安全とは言い切れません。また、プロテーゼを挿入する時やヒアルロン酸を注入する時においても、後遺症が起こるかもしれません。
詳細はこちら
全く危険がなくバレない方法は存在しないのです。

Comments are closed.